おすすめ食材-カリブロ(ロマネスコ)

ジュニア野菜ソムリエおすすめの食材

品 目 カリブロ(ロマネスコ)
品 種
当駅での出荷時期 12月下旬~3月上旬
主な栄養成分 ビタミンC。カリフラワー、ブロッコリーと比べビタミンCは劣りますが、その他の栄養成分はほぼ同じです。
保存方法 花蕾が接触するとその部分から黒く変色する場合がありますので、購入後はできるだけ早めに食べられるか調理されてください。
長期保存する場合は、下茹でして冷蔵庫、冷凍庫にて保存されてください。
接触による変色や生理障害等で黒い斑点がでることもありますが、食べても問題はありません。気になるようでしたら、その部分をカットして使用されてください。
コメント ヨーロッパでは、ロマネスコと呼ばれ、昔から親しまれてきたそうです。
カリフラワーとブロッコリーを掛け合わせて作られたと思われがちですが、分類上はカリフラワーの仲間です。日本では、「カリブロ」、「サンゴ礁」、「やりがい君」などの名称で呼ばれています。
食感は、カリフラワーに似ており、味はブロッコリーのようなイメージです。
青臭さが少なく、茹でると甘味が際立つので、個人的にはブロッコリー・カリフラワー・カリブロの中でカリブロが一番美味しいと思います。

カリブロの簡単酢漬け(カレー風味)

材料

① カリブロ(およそ150g)
② 砂糖(おおさじ1)
③ 酢(おおさじ4)
④ カレー粉(適量)
⑤ パセリ粉(少々)

調理方法

甘酢漬けカレー風味

ポン酢漬け

① カリブロを食べやすい大きさにカットする。(小さい方が漬けやすいです。)
② カットしたカリブロをお好みの硬さに調理する。(蒸し器を使うのがオススメですが、茹でる際は塩を少々加え、沸騰させたお湯に2分~3分が目安です。)
③ 酢・砂糖・カレー粉を混ぜた調味液と調理したカリブロをボールやタッパで漬け込む。
④ およそ1時間で完成です。(漬け時間は、お好みで調整してください。)
カレー風味以外にもポン酢をベースにした酢漬けもオススメです。いろいろ試されてください。

コメントは停止中です。