観光・周辺情報

世界つつじセンター

おはようございますface02
桜も終盤になりましたねicon15
お天気がすぐれないときは、屋根つきの施設でお花をいかがですかicon66
当駅近くに《世界つつじセンター》があります。
センター内の温室ではアザレアが見頃を迎えておりますicon97
温室内の全体では7分咲です。色とりどりの西洋アザレア日本のつつじが咲き乱れています。
他、センター内には樹齢約300~350年といわれる<本キリシマツツジ>の古木があります。

まだつぼみの状態ですが巨木に花が咲き乱れるのが楽しみです。 ※駐車場からセンターまでの距離が少しありますので、雨がひどいときは大きめの傘でお出かけ下さい。 当駅より車で約15分。
久留米市ふれあい農業公園の駐車場にお止め下さい。
センター内の温室
 
温室の良く陽がよく当たる場所から次々に咲いています
 
国と品種が一目でわかるマップ
 
いろんな形の花弁がありました

発心公園

こんにちはface02
あちらこちらで満開情報が聞かれるようになりましたねface05
当駅近くの発心公園の桜も満開を迎えていますicon113
午後の公園にはお弁当や、おやつをひろげた家族連れで賑わっていましたicon67
当駅でもお花見にピッタリなお弁当・お惣菜・お菓子などを豊富に取り揃えておりますのでお立ち寄りください☆

今週は雨の予報も出ていますので、お天気のうちにお出かけ下さい。

アクセス 当駅より県道151号線を田主丸方面へ約15分。

山桜満開!

おはようございますface02
霜が降りるほど寒い朝でしたが、お昼は暖かくなりましたね。
当駅近く、田主丸地徳の《雲遊寺》の境内にある山桜が満開を迎えておりますface05 樹齢が120年を超す山桜はここ数日の暖かさで一気に花開いたそうです。

ゆっくりお花見できるように椅子や机が置いてあり、お抹茶(300円)もいただけます。
夜はライトアップもされていて、幻想的な雰囲気を味わえそうでしたicon97
この山桜の隣に寄り添うようにあるヨシノ桜は、蕾がだいぶん膨らみ、開花を待っている状態。
お天気によりますが、桜吹雪と見頃の花が同時に楽しめるかもしれませんね☆

<アクセス>
当駅より車で、県道151号線を田主丸方面に約20分、右手に看板があります。

満開です☆

先日、ご紹介した久留米市山川町の王子池周辺に植栽している桜がほぼ満開で見頃を迎えています☆
王子池までは、道の駅くるめより車でおよそ25分です☆
ぜひ足を運ばれてください☆H27.3.20②H27.3.25⑩しだれ桜H27.3.25③寒緋桜

【お知らせ】
3月28日(土)・29日(日)に『第2回 桜まつり』を開催!
詳細はこちらから

 

開催されました☆

おはようございますface02
久留米のいろんな場所で
春まつり、花まつりが始まりましたicon67
これから
春爛漫の久留米ですね。
さて、当駅近くの田主丸でも21日、22日に
《たぬしまる春まつり》が開催され地元企業のが各店頭でイベントが行われました。
その中の内山緑地では、サックスの生演奏があり盛り上がっていました!
敷地内の
ハクモクレン《寒緋桜》《陽光》の桜は見頃を迎えていました。
皆さんお待ちかねの
《シダレザクラ》はまだ二分咲きでした。
今週末には見頃を迎えるかもしれませんねicon48

お楽しみにicon06
内山緑地 ガーデンショップさんぽ道
シダレザクラ 二分咲き
 
ハクモクレン
 
サックス演奏 深町宏氏

つばき祭り

こんにちはface01 ソメイヨシノの蕾がほころびはじめ見頃が待ち遠しい今日この頃ですねicon48
先週、21日・22日に当駅近くの草野地区《耳納北麓草野つばき祭り》が開催されましたface02
世界のつばき館久留米市つばき園では開会式をはじめ、苗木の販売、つばき油搾り実演、ステージイベントと多彩なイベントが行われ、賑わいましたicon14
今週末、28日(土)・29日(日)にもイベントが盛りだくさんです。
市内シャトルバスや、無料巡回バスなどが運行されますのでどうぞ足を運ばれてください。
詳しい内容は世界のつばき館へお尋ねください。
TEL 0942-47-1821

つばきの苗木販売
 
特産物販売「日曜市」

つばきフェア開催

おはようございますface02
久留米市では昨日より久留米つばきフェアが開催されていますicon14
その影響もあり、昨日も多くのお客様にご来館いただきました☆
道の駅くるめのイベント広場でも緑花センターによるつばきフェアが開催されオシャレなモデル庭園や久留米つばき苗などの苗木を販売しておりますface02
この機会にぜひご来館くださいicon12

お待ちかねの

昨日より、皆さんお待ちかねのタラの芽の出荷が始まりました☆ 先週の冷え込みなどもあり生育が遅れていたようですが、ここ数日は暖かい日が続いたので、これから出荷が多くなってくると良いですねface02
タラの芽はやっぱり天ぷらがオススメですねface02
他の山菜や新ごぼう、新人参などを混ぜてかき揚げにしても美味しそうですねicon14
ぜひお試しください(^_^)

近隣の桜も来週末あたりが見頃になるのではないでしょうかicon48

☆お知らせ☆
3月21日(祝)に道の駅くるめの紹介動画作成の為、館内等を撮影いたします。
皆様のご理解とご協力お願い致します。

王子池

久留米市山川町にある王子池周辺に植栽している桜のつぼみが少し膨らんできていますicon48
桜の開花予報は22日でしたので、もう少しですねface02
開花するのが楽しみですね~icon48
王子池までは、道の駅くるめより車でおよそ25分ですicon17icon108

撮影日:3月17日(火)
 
☆お知らせ☆
3月21日(祝)に道の駅くるめの紹介動画作成の為、
館内等を撮影いたします。
皆様のご理解とご協力お願い致します。

河津桜 開花情報

こんにちは。
名残雪の降る寒い一日のスタートになりましたface03
今日は暖かくされてお出かけくださいface01
昨日、喜桜公園へ行ってきましたicon67
陽の当たる場所では五分咲きくらい、あとは蕾~三分咲きくらいでした。
どの蕾も大きく膨らんでいましたicon12
もうじき見ごろを迎えそうです。

 
 

全国有数の酒どころ

久留米市は全国でも有数の酒どころです。
城島町の酒開きは先月、大盛況のうえ終わりましたが、北野町、田主丸町の酒造会社の酒開きは今月開催されます。
当駅でも日本酒、焼酎、ワインと久留米のお酒を数多く、揃えております。
日本酒選びのポイント」等、お酒のポップもご用意しておりますので、参考になさってください。

河津桜

おはようございます、昨年も新聞などで紹介されいた久留米市草野町 喜桜公園 の早咲きの桜、河津桜を3月2日に見に行って来ましたicon48
私が見た感じでは2分咲きといったところでしょうかicon108

場所は当駅より向かうと県道151号へ上り、草野町をめざして西鉄バスの吉木西のバス停から右折して突き当たるまで道なりに直進突き当りを右折一本目の道を左折して200メートルぐらい上ると右手に河津桜が見えます☆
当駅より約10分ぐらいで行けますが、専用駐車場がないので、途中の草野ポケットパークに無料で駐車できるので利用されると良いですface02
ポケットパークより歩いて10分前後かかるかと思いますが、道中綺麗な花も見れますので、ゆっくりと楽しまれてくださいicon64

 

お土産も豊富です☆

道の駅くるめ周辺では、これからの時期つばきさくらつつじと見どころがたくさんあります☆
つばきの開花が少し早かった事もあり、先月も多くの観光客の方にご来館いただきましたface02
今月の21日から29日までは
久留米つばきフェアも開催されますので、ぜひ久留米にお越しください☆
当駅にはお土産コーナーもあり久留米ラーメンやお菓子や伝統工芸品などが豊富ですface02
オススメは、久留米市長もオススメする里のしずくというつばきオイルですicon97
食用や髪のお手入れなど様々な用途でご使用でき、当駅でもお問合せの多い商品ですface02
ご自宅用やお土産にいかがでしょうかface02

50ml 1000円(税込)
 
 

第二十三回 筑後吉井おひなさまめぐり

筑後吉井(うきは市)は、文化庁より「伝統的建造物保存地区」に県内で第1号の選定を受け、白壁通りが美しい街です。
期間中は、吉井町内の旧家や町在住者が所有する、江戸時代から現代までの「おきあげ」や「箱雛」などを各家々や商店・旧家・公共施設に展示しています。
また、「和ろうそく」づくりなど様々なイベントも企画されていますので、吉井の町並みをのんびりとそぞろ歩きしてみませんか?
第二十三回 筑後吉井おひなさまめぐり 平成27年2月8日(日)~4月3日(金)
2月27日(金)に行ってきました。 無料駐車場も各所にあり、ほとんどの施設は無料でたのしめます。 先ずは、総合案内所の観光会館「土倉」で、リーフレット(地図付き)を!


次に、少し歩きますが(でも5分程)「鏡田屋敷」で゛想い出のおひなさま展”へ。 江戸後期に郡役所の官舎として使われていたそうで、1階が15部屋、2階が5部屋、欄間の組子が武家らしい簡素な建物です。 そこに、市内外から寄贈されたおひなさまが屋敷いっぱいに展示されています(準備に1か月ほどかかったそうです)。 「ばくちの木」という珍しい木を庭園で見ることができます。


「居倉の館」では、ちょうどKBC「ももち浜ストア」の生中継が入っていました。 週末は、きっと沢山の観光客の方がみえそうですね。 ※許可のもと、掲載しております。


白壁通りにある「林家(はやしけ)」では、明治のおきあげ、大正の箱雛、豪華絢爛な昭和の御殿雛が。

 


白壁通りには有名な和菓子店や人気のパン屋さんもあります。


突き当たると、210号線にでます。 丸一屋(中山家蔵)では、日本一大きいおひな様を見ることが出来ます。 1860年ごろ制作された古今雛で、髪飾りにはサンゴやギヤマンが使われている大変豪華なものです。 女雛で高さ100cm、横78cmあります。 ※許可のもと、掲載しております。


金子文夫資料展示館では、うきは市キャラクター「うきピー」や可愛らしい子供の絵で有名な商業デザイナー故「生野省三」さんの作品を期間中見ることができます。 そして〆は、ラーメン?(も販売している)吉井素麺の製麺所「商屋 ながお」に行ってきました。 吉井素麺は、油でなく馬鈴薯でんぷんで手延べそうめんを作るのが特徴です。(珍しい製法なのです!) 右側が福岡・佐賀県版のミシュランガイドでビブグルマンを獲得したうどん屋「井戸」です。(通常は土日の営業) 2月と3月は日曜日のみの営業のようです。


今では、山と筑後川の恵みをうけ、浮羽地方は豊かな穀倉地帯となっていますが、三百年ほど前は土地は肥えているけれど土地が高く水に乏しいので日照りの為作物が実らない土地でした。 そこで、藩主に地元の五人の庄屋が嘆願し成就しなかったときはお仕置きくださいと、土手に五人分のはりつけ台が立てられ、筑後川に堰を築き、水を引き込む大工事がおこなわれたそうです。 情け深い庄屋を殺してなるかと女性や子供まで木や石を昼夜問わず一生懸命運んだそうです。 「五庄屋伝説」として今も語り継がれている先人たちの命をかけ成し遂げた歴史も学べる街歩きでした。

 

うそ替え祭 平成27年◎北野天満宮

平成27年2月25日(水)、北野天満宮の「うそ替え祭」に行ってきました。

境内には、天然記念物の樹齢約900年の大樟(おおぐす)があります。

赤い楼門の前にうそ替え祭の由来が記されていました。

 


楼門をくぐると梅の花が5分咲きしていました。 本殿の手前、左右に金と銀の石造りのウソ鳥があります。

 

 


あったかい豚汁のふるまいが!


木のウソ販売(初穂料500円 200個限定)は、神事の10分前には売り切れていました。


当日は夕方から小雨が降っており、神事が始まるころには小康状態なったのですが、今年は輪になってではなく、楼門の軒下でとりおこなわれました。 太鼓の音とともに「替えましょう、替えましょう」と参拝者同士が声をかけながら交換し合います。 この「木のウソ」の底に付いている番号で「金のウソ」や景品が当たります。


200分の5個!の「金のウソ」です(結構確率が良いです)。 更に景品の中に茶封筒が入っていると、、お神酒が拝受できます。(Wで嬉しい!) 久留米は、日本三大酒どころで、城島だけでなく、久留米東部地域である北野町や田主丸町にも酒蔵があります。 ちなみに、北野町は3月に酒蔵開きがおこなわれますのでこれからのご予定にいかがですか?


※来年(2016年)からは、「木のウソ」の初穂料が、諸事情により700円になります。 地元の方の横のつながりや人のあったかさが伝わる、行事でした。 関係者の皆様、本日はありがとうございました。

イベント情報◎3月

梅に続いて久留米ではつばきと菜の花の季節を迎えます。
「つばきフェア」にあわせて関連イベントも多く催されます。
また、東部地域(北野・田主丸)では先月の城島につづいて酒蔵開きが行われます。
それでは道の駅くるめ周辺の3月のイベント情報です。

3月7日(土)~29日(日)
 早春のつばき展(草野町 山辺道文化館) ~3月8日(日)
 石橋文化センター梅まつり(野中町)

3月8日(日)
 寺町やぶ椿まつり(寺町 医王寺)
 
3月14日(土)~15日(日)
 千年乃松酒造 酒蔵開き(北野町)

3月15日(日) 
 第20回筑後川くるめ菜の花マラソン大会
 
3月16日(日)~31日(火)
 緑花センターつばきフェア(道の駅くるめ イベント広場)
 主催:くるめ緑花センター協同組合

3月21日(祝)~29日(日)
 第6回久留米つばきフェア(草野町・野中町)  
  草野町:久留米市世界のつばき館・久留米つばき園・        
  吉木ポケットパークなど   
  野中町:石橋文化センター

3月21日(祝)~22日(日)
 第18回藍・愛・で逢いフェスティバル

3月21日(祝)
 くるめ宝恵祭り(日吉神社)

3月21日(祝)
 将軍梅 梅祭り(宮ノ陣神社)

3月21日(祝)~22日(日)
 たのしまる春まつり・酒蔵開き(田主丸町)  ~各「蔵」・内山緑地さんぽ道・石兆亭

3月22日(日)
 JR九州ウォーキング(JR筑後草野駅スタート)

3月22日(日)
 第62回けしけし祭り(青木繁忌)(山本町 兜山)

3月27日(金)
 大本山 善導寺 開山忌(善導寺町 大本山善導寺)

3月28日(土)
 水天宮恋ものがたり~ライトアップコンサート  (水天宮 境内)

3月28日(土)~4月5日(日)
 石橋文化センターSAKURAまつり(野中町)

~4月3日(金)

 筑後吉井おひなさまめぐり(うきは市吉井町)

~4月5日(日)
 福岡県特産工芸品久留米おきあげ 古今の技と美の世界

~4月12日(日)
 かぞえて楽しむ。(野中町 石橋美術館)
 
~5月11日(月)
 姫様のお道具~大名有馬家コレクション~
 (篠山町 有馬記念館)
 (草野町 草野歴史資料館)
 

~さんぽ道(内山緑地)のハクモクレン~

つばき園開花情報◎2月20日

つばき園(入園無料)の2月20日(金)開花情報です。

つばき園にあるうめ園では、約50本のうち1割が4分咲きで、9割ほどは蕾~2分咲きです。

枝垂れ梅や桜がある様につばきにも枝垂れ性のものがあります。(写真は「シラハトツバキ」)


つばき園の駐車場で枝垂れ性を活かした「港の華」のスタンダート仕立てをご覧になることが出来ます。 また、この品種は香りも楽しめます。


写真は「越の麗人」です。
つばき園の見頃を伝えるのは花期が様々で難しいのですが立春も過ぎ、暖かい日も多くなりましたのでこの時期しか楽しめない品種を小鳥のさえずりを聞きながら散策しませんか?
つばき園へは当駅から約6km、車で15分程です。

第6回 久留米つばきフェア  平成27年3月21日(土・祝)~29日(日)
関連イベント ◎春のつばき展(石橋文化会館)  2/27(金)、28(土)、3/1(日)
◎寺町やぶ椿まつり(医王寺)   3/8(日)
◎早春のつばき展(山辺道文化館)3/7(土)~29日(日)
◎緑花センターつばきフェア(道の駅くるめイベント広場)3/16(日)~31(火)
◎JR九州ウォーキング(JR筑後草野駅スタート・ゴール)3/22(日)
◎水天宮恋ものがたり ライトアップコンサート  3/28(土)

うそ替え祭◎北野天満宮

北野天満宮は菅原道真公が京都より大宰府へ下る際に立ち寄ったことから1054年に建立されました。
学問の神様であることはもちろんですが、追っ手におわれる道真公を河童が身を呈して守り、腕を切り落とされた言い伝えから筋きり(ひきtけ封じ)の神様としても有名です。
2月25日(水)にうそ替え祭が斎行されます。
天神様(道真公)はウソをいわぬ誠の神様です。その天神様にあやかって誠の人になるようにと、暗闇の中で「柳の木で作ったウソ鳥」を取り替える行事が「うそかえまつり」の起こりです。
祭りでは「木のウソ」(初穂料 500円、限定200個)を参拝者同士が「替えましょう、替えましょう」と声をかけながら交換し合い、この「木のウソ」の底に付いている番号で「金のウソ」や景品が当たります。
また、北野天満宮の拝殿前には石造りのウソ鳥もあります。
うそ替え祭り 2015年2月25日(水)   17時30分~ 木のウソ販売(初穂料500円)   18時~     うそ替え神事開始

 

第25回 さざんか祭◎石垣山観音寺

平成27年2月15日(日)11時から石垣山観音寺境内で「第25回 さざんか祭」が催されました。
観音寺は、寺伝によれば天武天皇2年(西暦673年)創建され、和銅2年(西暦709年)勅号により石垣山観音寺になったと伝わっています。
境内の経塚群から日本最古とされる 西暦1112年書写の埋蔵紙本写経が発見され、筑後地方の仏教文化の歴史と古くから人々の信仰の場であったことを伺わせる由緒ある寺院です。

 


先着200名様へアザレアのプレゼントがありました(久留米観光コンベンションより)。


観音寺には、ハルサザンカ「観音寺」(推定 樹齢350年)の原木があります。
住職による開会の言葉と読経(般若心経)の後、九州大学名誉教授 藤枝国光先生による「耳納山北麓ハルサザンカ」のお話がありました。


次に、ご住職の同級生で地元で歯科医院をされている岩佐茂美さんのアルトサックスによる「さざんかミニ音楽会」がありました。


お昼頃から寺の庫裏にて寺宝の公開も行われていました。


『雲龍之図 屏風一双』因清香作(昭和2年)は本日サックス演奏の岩佐先生の祖父にあたる方です。


そして、観音寺といえば『牛鬼(うしおに)の手』。
こんなに間近で見られるとは思いませんでした。
由来は、平安末期、人々に被害を及ばす怪物(頭は牛、体は鬼)を住職であった金光坊上人の法力で退治し、耳を当時、足代山に納め、現在の耳納山と呼ぶようになったと伝えられ、その時の手のミイラが観音寺に残されています。
まだまだ、寒い日が続きますが、近くには見晴らしの良い温泉「みのう山荘」、山苞の道には素敵なギャラリーや工房、ワイナリー、お食事処と見どころも沢山あります。
是非、来年皆様も足を運ばれてくださいね。

つばき園開花情報◎2月12日

久留米つばき園は花木の母樹園を活かして造成され、つばきをメインに四季を楽しめる園です。

うめ園はようやく蕾が綻びかけたところです。

「大虹」をはじめ、木偏に春のツバキが咲きはじめています。 一週間に一度つばき園を見ているのですが、寒いと思っていても、立春を過ぎ、植物に春が来たことを知らされます。 ところで、ツバキの花は本来紫の色素を含まないといわれていますが、「紫」の入った品種がいくつかあります。 紫花には、土壌や気候因子によって影響を受けやすく、花色が不安定で今後安定した紫花の育種が待たれているそうです。


「紫泉」(上)、「博多紫」(下)

 


「青い珊瑚礁」(上)、「隠れ磯(暗紅紫色)」(下)


皆様にはどう映りましたか。 つばき園には過去に例をみない美しい紫色と評された「千年藤紫」もあります。まだ蕾でどんな色か確かめられませんが、つばきフェアの頃には見ることが出来ると良いですね。 つばき園へは当駅から約6km、車で15分程です。 つばき館からつばき園へはつばきの小路を歩いて(10分程で)行くこともできます。
第6回 つばきフェア  2015年3月21日(土)~29日(日)


「紅あかり」

植木まつり

久留米の百年公園では第10回植木まつりが2月24日(火)まで開催中です★
巨大な松から小さな雑柑類の苗まで様々な植木が並んでいました(^_^)
週末は混雑が予想されますので、ゆっくり見たい方は、平日に行かれると良いかと思います★
購入の際には栽培に関するいろいろな質問すると良いアドバイスがもらえるかもしれません(^_^)
道の駅くるめから車でおよそ15分程度ですので、足を延ばしてみてください☆

 
 

新酒が入荷!

新酒の季節ですねface02

当駅の酒コーナーでも一部、新酒が入荷していますface02
季節限定の商品もありますので、ぜひお試しください★
また、久留米の城島では、第21回城島酒蔵びらきが2月の14日(土)・15日(日)に開催されます。
一度は行ってみたいと思いつつ、今年も行けそうにないのが残念ですface03

初午祭◎大学稲荷神社

2015年2月11日(水)、大学稲荷神社にて「初午祭」が斎行されました。
2月の初めの午の日を「初午」と称し、各所の稲荷神社では豊作祈願の祭礼が行われます。
筑後稲荷十社の第一の杜である高良山の大学稲荷神社では粥占いの祭事が行われ、一年の作柄を粥に生じたカビによって占います。
今年も多くの市内の農家の方や信者の方が参拝されていました。

今年の粥占いの結果は、大年で7分、昨年の6分にくらべて少し上向きの様です。
最後に、粥占いの結果が配られ、神職の方のお話がありました。
結果は、大年の他、天候(雨・風・地震等)や作物(稲・麦・小豆・菜種等)に流行病などの項目についてそれぞれ記されていました。
最後に以下の文章で締めくくられていましたので原文のまま転記します。
「日本人として命の尊さ 人と人とのつながりを大切にして文化・伝統を守っていかねばならない また 中東の事件のように国際社会の中で日本の常識が通用しなくなってきている事を考えると 日本の行く末を決める大切な年となるであろう」(原文)
また、神職の方からは玉串をささげる意味や心持、初午祭についてわかりやすく説かれました。
今年も皆様にとって、健やかで和やかに暮らせるよう祈念いたします。

初午祭(粥占い)◎大学稲荷神社

2月の初めの午の日を「初午」と称し、豊作祈願の祭礼がおこなわれます。
1月16日の「粥炊祭」にて斎行された粥に生じたカビで一年の作柄を始め吉凶を占う「粥占い」の祭事が行われます。
市内の農家の方や信者の方が粥占いの結果を求め多くの方が参拝されます。

初午祭(大学稲荷神社) 2015年2月11日(水・祝) 11時~12時

筑後国の一の宮である高良大社は、 古くから「年中行事六十余度」と言われるほど数多くの祭りを受け継いできました。
現在では、本社の御祭神に御縁のある神さまをお祀りする摂末社を含めて、 年間140の祭儀が斎行されています。
引用:高良大社webサイトより

第25回 さざんか祭り◎石垣山観音寺

観音寺は白鳳2年天武天皇の勅願寺として創建され、日本最古の法華経が納められた経筒や耳納山の由来といわれる牛鬼伝説の牛鬼の左手のミイラも保存されています。
観音寺のハルサザンカは樹齢350年と推測される「観音寺」の原木で久留米を象徴する花木の一つです。
お寺にご縁のある方を招き、お茶を飲みながら花を眺めたのが「さざんか祭り」のはじまりで、今年25回目を迎えます。
今年のテーマは「花と緑の恵みに感謝」です。
さざんか祭りではちらしずしが無料で振る舞われる他、サックスのミニ音楽会、アザレア花鉢のプレゼント(先着200名様)があります。

第25回 さざんか祭り 11時~13時 石垣山観音寺 久留米市田主丸町石垣271-8

さざんか祭りの後は、151号線をもう一つ山側に沿うように通る農道「山苞の道」を散策しませんか?
ギャラリー・工房・ワイナリー・温泉に食事処とフルーツ狩りだけではない、田主丸の魅力をたのしんでくださいね。
参考:西日本新聞2015年2月6日(金)「ぽしぇっと」