スタッフおすすめ

県酪バター◎冷凍コーナー

おはようございます。
もうすぐ12月ですね。
ケーキ等お菓子作りに「ふくおか県酪バター」はいかがですか。
要冷凍なので正面つきあたりのアイスクリームやピザのコーナーにあります。

IMG_6637

秋じゃが◎メークイン他

秋じゃが(メークイン、デジマ)が出ています。
一昔前は、粘質・粉質系で煮物向き、ポテトサラダ向きなどと言っていましたが、最近はお好みで調理を勧めることが多いように思われます。
ホクホクもいいけれど、ねっとりした引きのあるおいしさのポテトサラダ、少し芋が煮崩れてトロッとした肉じゃがなど、時代と共に価値観も様々といったところでしょうか。

IMG_5706

酒粕が入荷しました☆

粕汁などに使える料理用の酒粕が昨日から出荷されていますface02
体も温まるので、これからの時期にぴったりですね☆
私のおすすめは、シンプルにみそと1対1の割合(割合はお好みで)で作る粕汁ですicon67
その他にも酒粕で作る甘酒や鍋料理に活躍すると思いますので、一度お試しくださいicon77
300gで150円(税込)から販売していますface02

いちごの出荷が始まりました☆

久留米産のいちごの出荷が始まっています(*^_^*)
昨年も好評だった珍しい白いちご(淡雪)も少量ですが出荷されています☆
時期的に少し酸味がありますが、白いちごさがほのか酸味が少ない品種ですので、お子様にも喜ばれるかと思いますicon117

セロリー

セロリーは、中間種(黄色種と緑色種の特徴を取り入れたもの)が主体ですが、緑色種も最近増えています。
緑色種は、葉柄の肉が厚く、繊維質が少なく、セロリー独特の香りが強いことが特徴です。
生食以外にもスープやシチュー・カレーなど煮込み料理にもおすすめです。
IMG_5928
日本へは加藤清正によって朝鮮から伝えられたため「キヨマサニンジン」とも呼ばれています。

参考文献:『食品図鑑』(女子栄養大学出版部 2006)

新じゃが入荷中!

地元産の新じゃがの出荷が始まっていますface02
新ものは皮が薄いので皮ごと調理に使えますが、逆に長期保存には不向きですので、冷暗所に保管し、できるだけ早く使い切りましよう★
おすすめの調理法は、シンプルに皮ごとホイル焼きにして、じゃがバターですねicon108
以前、クックパッドを参考に作った焼くフライドポテトも簡単にできて、美味しかったので一度お試しください(*^_^*)
当駅に出荷される品種は、メークイン、出島、キタアカリ、男爵、赤じゃが系などそれぞれ特徴があり、向き不向きがあるのでご来館の際はお気軽にお問合せ下さいface02

柿の簡単デザート

そのまま食べても美味しいのですが、柿が沢山手に入ったら是非お試しください。
ネットで「柿 デザート」で検索したら、柿プリン?なるものが。
簡単で美味しいといろんな方が寄稿されていました。
柿:牛乳=2:1(重量比・容量比どちらでも可)
お好みで甘みを入れてください。
私は、メープルシロップを柿1個につき大さじ1入れました。
柿は熟柿でも普通の柿でもよく、ミキサーにかけて牛乳を入れ、お好みの甘さにします。
2時間ほどで固まります。
そのままでもよいのですが、柿ジャムを添えるのもおすすめです。
※柿ジャムも煮詰める時間は短時間ですので、熟柿が手に入ったら作り置きしておくと便利です。

IMG_8508

富有柿◎柿の王様

福岡県は富有柿の生産日本一です。
かたち、甘さ、果汁が多く食味に優れることから柿の王様とも称されます。
当駅での出荷期間は11月上旬から12月中旬になります。
(そのあと、冷蔵柿の富有柿が2月中旬まで楽しめます)
御所系の完全甘柿で、糖度が15~16度、果実重が280g、果皮色は赤で、果形が良く玉揃いも良く、渋抜けが良く地域適応性に優れます。
雌花のみなので、受粉樹(ハナガキ)が必要です。
名前の由来は『礼記』の一説「富有四海」からともいわれており、素質の備わっているものには自然に全国に広まる天の助けがあると解説したそうです。
福岡県産の富有柿は赤が濃く腰高の傾向だそうで、スーパーや百貨店で岐阜県原産(オレンジ色でやや平べったい)と見比べてみてみたいですね!
※表面の白いところはブルーム(果粉)で、新鮮なものによくみられます。

IMG_5690

マサメ(真小豆)

マサメはササゲの一種で、へその周囲に輪状の目があることが特徴です(写真左。右が小豆)。
成分的にはあずきに類似します。
煮崩れないので、赤飯に使われます。
皮がしっかりしている為、ぜんざいには向きません。
知る人ぞ知る希少な地豆ですので、お早目に!

まさめ2

 

久留米産◎ドライフルーツいろいろ

おはようございます。
久留米産のドライフルーツがいろいろ揃いだしました。
巨峰発祥の地の田主丸産巨峰(※種アリと種無しがあります。)に
柿にいちじく、桑の実。
桑の実は、急須に注いでお茶としてもどうぞ。
当駅にはありませんが、梨もドライフルーツにできるそうです。
どんな味なのでしょう?
忘れちゃいけない!干し柿も出始めました。

IMG_5349

柿の加工品いろいろ

 

柿が最盛期を迎えて店内・外に甘柿と渋柿が所狭しと並んでいます。
柿の加工品もいろいろ揃っています。
ドライフルーツの乾燥柿・干し柿。
調味料では柿酢に柿のドレッシング。
飲物では炭酸飲料にワイン。
お菓子ではクッキーと福太郎のコラボ商品で久留米産の柿のピューレが入った
「くるめんべい」
お土産にご自宅用にいかがですか?

柿いろいろ

 

ちぢみ小松菜

ちぢみ小松菜ってご存知ですか?
名前のとおり葉が縮んで、色が濃く、光沢のある外観と、歯触りの良さと甘みがあるのが特徴です。
当駅では2名出荷されています。
猪口さん家はどちらかといえば生食向きで、弥永さん家は加熱調理向きです。
それぞれ食べ比べてみてくださいね。

IMG_4941

白菜◎秋野菜

この季節の白菜は「軟らかくて美味しい」とベテランスタッフの談です。
福岡・佐賀県は柿の生産が有名で、柿の皮は漬物の甘味づけに使われています。
渋柿の皮が良いそうで処によっては干した皮が売られているのだとか。(当駅では今のところ取り扱っておりません。)
少人数だと1個買うのは勇気がいりますが、料理に使う分を取り置いて、漬物(塩・柚子・唐辛子あります!)も良いですね。
※一枚ずつはがして使用し、その都度 新聞紙にくるめば日持ちはしますが、やはり新鮮な方が美味しいと思います。

IMG_4946

かぶ◎秋野菜

かぶが旬の季節を迎えました。
晩秋から糖度も高くなります。
生食としてサラダや漬物に、火のとおりが早いので煮物やスープがパパッと作れて、晩御飯に便利です。
葉っぱも今の季節きれいですし、栄養価が高いので是非利用してくださいね!

IMG_4959

お鍋でほっこり

朝夕はずいぶん寒くなりましたね。
お鍋はいかがですか?
当駅の直売館も秋冬野菜たちが揃ってきました。
野菜の他に鮮魚・精肉・漬物コーナーに豆腐コンニャクと農産加工品も取り揃えています。
すき焼き、キムチ鍋、白菜の豚バラ鍋、石狩鍋、常夜鍋、おでん等々いろいろ作れそうですね。

鍋

里芋◎赤と白

里芋が好調です。
よくあるご質問にお答えします?!
①赤と白の違い
赤の方がホクホクしてぬめりが少なく煮くずれやすいです。
白の方が粘りがあり、煮くずれしにくいです。
当駅の代表品種としては赤は、赤芽大吉(セレベス系。芽が赤いことから赤芽芋とも呼ばれます)、白は石川早生・土垂となります。
②親芋と子芋について
親芋の方が皮を剥く手間が省けます。
子芋は手間はかかりますが、煮物にしたとき趣きがあります。

IMG_4956

干し柿(つるし柿)用の渋柿

11月以降、干し柿用の渋柿が本格的な出荷時期を迎えます。
渋柿専門農園の方のポスターには11種類の渋柿が紹介されていますが、実際には20数種類も栽培されているそうです。
初心者の方は小ぶりなものから始めるとよいそうで、また、大きい渋柿で干し柿を作るときはカビ対策として熱湯消毒より、焼酎が仕上がりが良く効果的など、ちょっとしたコツなどもPOPで紹介してあります。
「会津身知不がき」と「堂上蜂屋がき」が特に味が良いそうです。
今年は私も作ってみようかな?

IMG_5060

IMG_5057

カリフローレ☆スティック状の新しいカリフラワー

カリフローレは花束をイメージした新しい野菜 ♬
一般的なカリフラワーと比べて、花梗が長いので料理しやすく食べやすいと人気です。
花蕾の白さと花梗のエメラルドグリーンの対比が鮮やかです。
食感は軟らかく味は甘みがあります。
スティックサラダやバーニャカウダなど、形を生かした調理が楽しめます。

IMG_4960
料理_カリフローレ黒オリーブと生ハムのパスタ131018_05mカリフローレ黒オリーブと生ハムのパスタ

料理_カリフローレ蒸器で温野菜131018_00mカリフローレ蒸器で温野菜

 

青果カリフローレ130620_14

 

こいひめ柿

マンゴーのような味わいの極甘柿「こいひめ柿」糖度は平均22度、最高で26度にもなります。
今年の出荷期間は10月中旬から11月5日までと残り半月ほどです。
収穫後、軟らかくなるのが早く、日持ちがしませんので、早めに御賞味ください。
また、雨で外見が汚れやすいのも特徴のひとつ。味で勝負の品種なのだとか。
IMG_4905
他の品種より糖度が高いのでカメムシがつき易かったり、収量も富有柿の半分あれば良い方で、今年は天候不順もあり、4分の1ほどと育てにくいことからやんちゃなお姫様のようと生産者の方の談です。
「こいひめ」は甘みの濃さと次の年が来るのが恋しいということから生産者の井上さんが名付けられたそうです。
県の試験場でも親木はなくなってしまったという貴重な品種、ぜひ試してみませんか。
※化学農薬も70%減とラベルにありますが、例えばどんな感じですか?と質問したところ、ヘタの奥にフジコナカイガラムシ(白い虫そういえば時々見ます)を時間が許す限り、竹串で1つ1つ(!!!)はじくそうです。

うす切り乾燥柿◎6次産業


「うす切り乾燥柿」は色んな出荷者の方がいますが、今回は先日圃場を見学させていただいた清水園の話を書きたいと思います。

そのまま召し上がっても、また、プレーンヨーグルトに一晩つけこむと自然な甘さが味わえます。
清水園の「うす切り乾燥柿」は「西村」と柿の王様「富有柿」の2種類があります。
6次産業の取り組みのきっかけは、①旬の時期以外でも柿を食べたい!②外品やキズ物を無駄にしたくない、という想いから生まれました。天日干しでは、黒ずむのが難点で熱風乾燥処理機を使用されています。程よい食感を出すための温度設定と管理がむずかしいのだとか…。干し柿とはまた違った味わいで、あっさりとした甘さと食感が魅力です。
ダイス状に刻んでヨーグルトにつけこむと、柿がヨーグルトの水分を吸って柿はプルプルにヨーグルトはクリーミーになって、滋味豊かな味わいです。

IMG_7119DSC_0104 

ちなみに、6次産業とは農業生産の第1次産業だけでなく、加工の第2次産業、流通・販売の第3次産業まで多角的に経営することを指します。

早生ミカンの出荷が始まりました♫

温州ミカンは極早生→早生→中生→普通の順に出荷され、当駅では極早生・早生の季節です。
早生ミカンは日持ちがしないといわれますが、何日くらいですかと尋ねたところ10日~2週間は持つとの事。
????????
どうやらランダムに腐れが発生しやすいところからその様に表現される印象をうけました。
IMG_4937
今回話を伺った平和園では極早生の「岩崎早生」、早生の「原口早生」が年内楽しめます。
岩崎早生は、極早生の中でも減酸が早く糖度も高いのが特長です。収穫後3日ほどねかせて出荷させます。
早生品種は普通温州に比べて味が淡白と評されることが多いですが、普通温州が出回る12月まで待てませんよね!

ちなみに福岡県の温州ミカンの生産量は全国9位です。
上位はというと、海沿いの県がずらりと占めます。甘さを決める要因の一つが日光をたっぷり浴びることが関係し、海の反射光とWでたっぷりの光が確保できるからなのね!!と数字は語っているかのようです。(平成25年度収穫量・農林水産省統計部調べ)

青いパパイア

青いパパイアが少量ですが出荷されています。
パパイアの果形は長楕円形・球形・長円筒形・西洋ナシ形と変異に富んでいます。
当駅に出荷されている分は長円筒形?!でしょうか。
IMG_4938
未熟果(青いパパイア)は、野菜的に線切りにしチャンプルー等炒め物やサラダにしてコリッとした食感を楽しんでください。
生産者の方は醤油や味噌漬けもおすすめですと話されていました。
別名がチチウリ(乳瓜)・モクカ(木瓜)と記されますが、くせのなさと食感は瓜に似ているかも・・・。
レシピも付いているのではじめての方にも安心です。
産直ならではの逸品をお試しください!

秋の味覚☆銀杏

秋の味覚☆銀杏が入荷中です。
鮮やかな翡翠色ともちもちした食感に香りは、この季節だけのもの。
炊き込みご飯・茶碗蒸し、塩味でシンプルに炒めても!
厚めの紙封筒に入れてレンジでチンする人も多いみたいですね。
塩茹でし、水気を拭いてホームフリージングしておくと何かと便利です。
よく食べ過ぎると良くないと聞きますが、銀杏にはビタミンB₆の作用を阻害する成分が含まれているので稀に中毒(痙攣・嘔吐)を起こす可能性があるからだそうです。
では、気になる食べ過ぎとされる量ですが、小児・・・7粒 成人・・・40粒が目安とされているそうです。
特にお子さんに食べさせる際には注意が必要ですね。
※ホームフリージング・・・・食品や料理を凍結させて保存すること

IMG_4586

松本早生富有柿

松本早生富有柿は、1935年(昭和10年)頃、京都府綾部市の松本豊氏が発見・育成したことから名付けられました。
1952年に名称登録されました。
富有の早生系枝変わり品種で、富有柿より半月ほど早く熟します。
当駅では、10月中旬から11月上旬が出荷時期となります。
少し平べったく、橙紅色で光沢があり見た目も美しい完全甘柿です。
糖度は15~16度、果実重は250g前後、果汁も多く、とろけるような食感で富有柿とほとんど変わらない味わいで一足先に味わえるのが特長です。
とはいえ、柿の王様 富有柿にくらべると、少し遠慮がちな感じは否めないかも・・・。

松本早生富有柿
写真提供:清水園

ほうれん草と紅葉と

人参は紅いのに、ほうれん草はなぜ紅くないのでしょう?
どちらもカロテンは豊富なのに?
ほうれん草は葉緑素の緑色に隠れて見えないのです。

街中では少しずつもみじが紅葉し始めました。
もみじは寒くなり、日照時間が短くなると葉緑素(クロロフィル)が分解され赤や黄色の色素が顔をのぞかせます。
四季の移ろう風景を、ちょっと視点をかえて見つめてみませんか?

IMG_4804