玉替祭◎高良大社

玉替祭は江戸時代から行われている伝統行事の一つで、毎年成人の日に斎行されています。
玉替祭の「玉」は高良の神様が干珠と満珠という二つの宝の玉を海に投げ入れて国を守り、開運に導かれたというご縁起に基づくものです。
毎年、この日限定の宝珠型のお守りにおみくじが入った「宝珠みくじ」を引こうという参詣者で行列ができる賑わいを見せます。
また、当日のみご本殿奥から社頭にだされる「大宝珠」に触れて開運に導くパワーを受けてみませんか。
玉替祭2015年1月12日(祝)
時間 9時から
(祭典終了後、9時半頃より宝珠みくじの授与)
※宝珠みくじは一つ500円早春

後日、当日の様子の写真を掲載します。高良大社へは当駅から約9㎞、車で25分程です。

耳納北麓では、ロウバイ・寒椿・ハルサザンカが咲いています。151号線をドライブしませんか♫(写真はつばき園で撮影しました)。

コメントは停止中です。