久留米産 シャインマスカット

シャインマスカットは、2006年に品種登録され、流通業者が選ぶ、農産物のトレンド調査(日本農業新聞)で4年連続1位と大注目の品種で、白系ぶどうの主流になるのではとの声もきこえてきます。
安芸津21号(スチューベン×マスカットオブアレキサンドリア)と白南(カッタクルガン×甲斐路)のかけ合わせで欧州ぶどうのようにマスカットの香りがあり、噛み切りやすく硬い肉質で、糖度が高く、酸含量が少なく、果皮が薄くて渋みがないため皮ごと食べられます。
また、容易に種なし栽培もでき、大粒で巨峰より脱粒しにくく日持ちが良いのも特徴の一つです。
※当駅では基本的に種なしの場合その旨をラベル等にに明記しています。
IMG_4618

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。