つばき園開花情報◎1月23日

つばき園は明治時代に開墾された花木の母樹園を活用して造成した園ですのでタイサンボクやヒマラヤスギなど往時を偲ばせる樹木に巡り合うことができます。


ロウバイが見頃です。 ウメは蕾で、見頃はもう少し先の様です。


駐車場に面して香り椿を20種ほど楽しめるのですが、「夢」・「夢小町」につづいて「常盤姫」(写真右)・「額田姫」・「港の曙」(写真左)など咲きはじめました。


「義司」の花期は3~4月ですが咲きはじめています。
「義司」はシーボルトが持ち帰り「冬のバラ」とヨーロッパで賞賛された゛ドンケラリー”こと「正義」の自然実生です。 つばき園へは当駅から約6km、車で15分程です。
つばき館からつばきの小路を歩いてつばき園へ行くこともできます。
第6回 つばきフェア  2015年3月21日(土)~29日(日)
参考 NPO法人 久留米ブランド「ほとめきの散歩手帖」(非売品)  日本ツバキ協会編『最新 日本ツバキ図鑑』誠文堂新光社(2010年)

コメントは停止中です。