農業体験プログラム『くる農』

皆さん、くる農ってご存知ですか?
「くる農」とは、耳納北麓地域の農業を1年を通して体験しながら親しんでいただくプログラムです。
先日、くる農春号の最後のプログラムが久留米市山本町の世界つつじセンターにて実施されました。
参加者の方はつつじセンターの職員の方から教わりながら、
「ツツジの鉢上げ」を体験しました。
4月の「ツツジの花見、花選び」、6月の「用土づくりと挿し木」に続く最終のプログラムです!!
作業の内容は、参加者が土を入れた鉢上げ用ポットに挿し木したツツジを掘り上げて、移し替えます。
ツツジの品種によっては、なかなか根付きしていない苗もありましたが、皆さん汗だくになりながら、30個以上鉢上げすることができました。
作業後は、ツツジ談議をしながら道の駅くるめ「ほとめき庵」の、お弁当をいただきました。1             うまく根付きしてるかな?2            小さなツツジ苗をそっとやさしく扱います。3                鉢あげ完成!!

くる農春号のプログラムはこれで終了しましたが、新たに秋号のプログラム申し込みをしています。
すでに定員に達しているものもありますが、随時受け付けております。
秋号パンフレットは道の駅くるめホームのバナー「くる農」でご確認できます。

くる農申込・問い合わせ先
TEL 0942-27-5342  
FAX 0942-47-5705

コメントは停止中です。