柿の圃場見学

先日、柿の圃場を見学してきました。
ブログでは、太秋柿を先にアップしたので、少し前後することを御了承願います。
西村早生柿は秋の訪れを告げる早生もので、別名ゴマ柿の愛称で親しまれています。
西村早生・樹

福岡県は栽培面積全国1位です。(H23年産特産果樹生産動態調査 農水省)
当駅では9月中旬から10月中旬が出荷時期となります。
来歴は、1953年に滋賀県大津市の西村弥蔵さんの園地で偶然発見され、1960年に発見者の名前をとり、名称登録されました。
富有柿と赤垣の自然交雑によって生じたと推察されます。
表皮は淡い橙色をしていてつやがあり、果肉に黒いゴマ状の模様が入っています。
カリッコリッとした硬い食感の後、トロッとした甘さが口に広がります。
糖度は一般的に15度前後、果実重は220g前後とやや小ぶりで形はやや丸みを帯びた扁球です。
当駅で贈答用のものは、Lと2Lの規格の2種です。
3Lや4Lとなると中々数が揃わないので、取り扱うのはむつかしいそうです。

一般的に日持ちが良いのが特徴です。
保管場所にもよるのですが、涼しいところほど日持ちは良いとの事。
また、雨の多い年は日持ちにも影響するそうです。
また、ヤワができると一気に熟してしまいます。
熟した柿は凍らしシャーベット状で召し上がるのが好きな方も多いですよね。
柿の食べ頃ですが、追熟しないので収穫後、糖度が上がることはありません。
西村早生柿は収穫してから、手間がかかる品種なのはご存知でしょうか?
不完全甘柿なので、受粉して種が(3個以上とも4個以上ともいわれる)できたときだけ甘柿になります。
外からは判別できないので「渋果判定機」で一つ一つチェックしていきます。

渋の部分は光を透過します。(写真上は完全渋、下は部分渋)
渋果判定機
部分渋にはこのようなパターンもあります。
確かに種がありません!
ゴマが入っていない部分は少し厚めに剥けば良いのですね!

部分渋柿は果頂部ほど甘いとされます。
今回、目の前で測定していただいたのですが、3度以上も差がありました。
西村早生 糖度
西村早生は、筋果(写真上中央ヘタの左側中心部)が入りやすく、また、柿全般に言えることですが雨等で色が汚れやすいのが特徴です。
筋果になると市場価値は下がりますが(秀品/優品/キズ)味は変わりませんので、ある意味お買い得なのかもしれませんね。
柿の品種によって雌雄花があるものと、雄花がない品種もあるので、(西村は雌雄咲きますが)受粉用に「小春」というハナガキを植えることがあります。
また、不完全甘柿は天候に左右されやすいそうです。
雨で一気に玉が太るとヘタ隙きといって、ここから水や虫が入り劣化の原因になります。
収量については表年・裏年というけれど結論から言えば、基本の摘蕾・摘果である程度影響されないとの事、プロの一言は格好いい。
柿農家の方の中でも今回取材に伺ったところは2代目で30代の方だったのですが、周りには後継者がおらずあと1年、あと2年といいながら続けている方も少なくないそうです。
最後に、こちらの農園では現在、柿専業で5ヘクタール4品種育てられているのですが、西村が一番好きな柿なのだそうです。
甘いものは、平均的な富有柿より糖度が上回ることと、太秋に負けないくらい大玉の西村が存在することが個人的には驚きでした。

ところで、渋果判定機ではねられた渋果は何処へ?
道の駅くるめで実は販売しています。
お気付きの方もいらっしゃるかも?
それは後日!

長文駄文で失礼します。

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。