松本早生富有柿

松本早生富有柿は、1935年(昭和10年)頃、京都府綾部市の松本豊氏が発見・育成したことから名付けられました。
1952年に名称登録されました。
富有の早生系枝変わり品種で、富有柿より半月ほど早く熟します。
当駅では、10月中旬から11月上旬が出荷時期となります。
少し平べったく、橙紅色で光沢があり見た目も美しい完全甘柿です。
糖度は15~16度、果実重は250g前後、果汁も多く、とろけるような食感で富有柿とほとんど変わらない味わいで一足先に味わえるのが特長です。
とはいえ、柿の王様 富有柿にくらべると、少し遠慮がちな感じは否めないかも・・・。

松本早生富有柿
写真提供:清水園

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。