土用の丑の日♪

こんにちはface01
暑い日が続きますが夏バテしていませんか?
お弁当コーナーには【うな重】並んでいます!
今年の土用の丑の日は7月30日です。
栄養満点の【ウナギ】を食べて暑い夏を乗り越えましょう!

さて、昔から土用の丑の日に【ウナギ】と言われますが、なぜでしょうicon60

そもそも【土用の丑の日】とは、実は節分のように春夏秋冬にあります。
【土用は四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前約18日期間をさし、
【丑の日】
は干支の【丑】。

十二支は干支だけでなく、方角や月、日にちを数える時にも使います。
よって、【土用の丑の日】とは、【土用】期間の【丑の日】のこと。
※年によっては【丑の日】が2回あることもあります・

では、なぜ四季を通してある【土用の丑の日】が夏だけが有名になったのでしょう…icon60
遡ること江戸時代の夏、鰻屋の店主が、【ウナギ】の売り上げが悪く悩んでいたのを発明家の平賀源内に相談すると…
『本日土用の日』と店前に張り紙をしなさい」とアドバイス。
店主が店前に貼ったところ、売り上げがうなぎ上りicon14になったとか。

このころ【丑の日】に【う】がつくものを食べると【夏負けしない】と言われ
【瓜・梅干し・ウサギ・馬】を好んで食べられていたそうです。

平賀源内の販促(販売促進)が大当たりしたのが始まりで、現代にも引き継がれています。
…ということは…ウナギが食べられない方は、ウリや梅干し、馬刺しでも
【夏負けしない】ような
icon66

それにしても平賀源内のアドバイスがいまだにのこっているって凄いですね☆

unagi2

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。