勘次郎◎つばき園

つばき園は、小鳥のさえずりと緑が豊かなところです。
花ごとポトリと落ちる椿と花びらが散る山茶花と一般的に言われます。
勘次郎は「カンツバキ群」の代表品種です。
勘次郎・つ
樹形が横張りではなく立性なので「立寒(タチカン」の異名で親しまれています。

1212勘次郎

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。