初午祭(粥占い)◎大学稲荷神社

2月の初めの午の日を「初午」と称し、豊作祈願の祭礼がおこなわれます。
1月16日の「粥炊祭」にて斎行された粥に生じたカビで一年の作柄を始め吉凶を占う「粥占い」の祭事が行われます。
市内の農家の方や信者の方が粥占いの結果を求め多くの方が参拝されます。

初午祭(大学稲荷神社) 2015年2月11日(水・祝) 11時~12時

筑後国の一の宮である高良大社は、 古くから「年中行事六十余度」と言われるほど数多くの祭りを受け継いできました。
現在では、本社の御祭神に御縁のある神さまをお祀りする摂末社を含めて、 年間140の祭儀が斎行されています。
引用:高良大社webサイトより

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。