セロリー

セロリーは、中間種(黄色種と緑色種の特徴を取り入れたもの)が主体ですが、緑色種も最近増えています。
緑色種は、葉柄の肉が厚く、繊維質が少なく、セロリー独特の香りが強いことが特徴です。
生食以外にもスープやシチュー・カレーなど煮込み料理にもおすすめです。
IMG_5928
日本へは加藤清正によって朝鮮から伝えられたため「キヨマサニンジン」とも呼ばれています。

参考文献:『食品図鑑』(女子栄養大学出版部 2006)

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。