カマス寿司◎おくんち

北野天満宮おくんちが10月19日(日)に斎行されます。
歴史と伝統を持つ北野天満宮。河童の化身である風流師が行列の先頭をつとめそのあとにかわいらしい稚児行列と勇壮な大名行列がおりなす御神幸行列(県指定無形民俗文化財)を是非ご覧ください。

写真は背開きにしたカマスに寿司飯を詰めた姿寿司のカマス寿司です。
北野町の伝統料理で毎年おくんちの時期に各家庭で作られ「おご馳走」として振る舞われました。
昔は藁むしろで作った米袋をカマスといったので、魚のカマスに米を詰めて収穫のお礼と五穀豊穣を祈願して始まったと言われています。
引用:「北野コスモス街道ガイドブック2014」リーフレットより抜粋。

かます寿司

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。