こいひめ柿

マンゴーのような味わいの極甘柿「こいひめ柿」糖度は平均22度、最高で26度にもなります。
今年の出荷期間は10月中旬から11月5日までと残り半月ほどです。
収穫後、軟らかくなるのが早く、日持ちがしませんので、早めに御賞味ください。
また、雨で外見が汚れやすいのも特徴のひとつ。味で勝負の品種なのだとか。
IMG_4905
他の品種より糖度が高いのでカメムシがつき易かったり、収量も富有柿の半分あれば良い方で、今年は天候不順もあり、4分の1ほどと育てにくいことからやんちゃなお姫様のようと生産者の方の談です。
「こいひめ」は甘みの濃さと次の年が来るのが恋しいということから生産者の井上さんが名付けられたそうです。
県の試験場でも親木はなくなってしまったという貴重な品種、ぜひ試してみませんか。
※化学農薬も70%減とラベルにありますが、例えばどんな感じですか?と質問したところ、ヘタの奥にフジコナカイガラムシ(白い虫そういえば時々見ます)を時間が許す限り、竹串で1つ1つ(!!!)はじくそうです。

< 前のページへ戻る

コメントは停止中です。